2006年01月02日

ケータイ刑事ネタ帳 銭形雷第1話「カミナリ刑事登場!〜お天気クイーン殺人事件」

・お天気クイーン宮本晴江は、アジア最高のウェザーキャスター。
・愛たち銭形四姉妹は雷のお父さんのお兄さんの娘にあたる。
・柴田束志は南インドタンジャブール市警から赴任してきた。
・被害者の靴についていたウラリ鉱石は多聞岬に多く見つかる。
・鑑識の部屋は4階にある。
・雷は警視庁天気クラブに所属
・警視庁で気象予報士をもっているのは雷だけ。
・岡野は東大法学部卒。
posted by nanno at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケータイ刑事銭形雷第1話「カミナリ刑事登場!〜お天気クイーン殺人事件」

公式ページあらすじ

ついに、新シリーズ開始。今回の銭形雷は気象予報士の資格を持っているということで、トリックも気象現象を利用したもの。零の時の数学の天才というのは消化不良だったので、このキャラクタ設定心配だったんだけど、第1話を見る限りは割とうまくいってるかなという感じ。数学の定理よりは気象現象の方がトリックとして扱いやすいということでしょうか。犯人を捕まえるストラップの武器も、零の0の輪っかは無理がありすぎたけど、今回は雷ということでそんな違和感もないし。ただし、ポーズはちょっと変だぞあれ。
雷役の小出早織の演技は、まあ許せる範囲。ただ、なんか可愛げがないんだなぁ。これまでの四姉妹に比べて、クールだという設定らしいからそのせいだろうけど、クールというより理屈っぽい女って感じ。まだ第1話なので、役がどうこなれていくか期待。

あと、レギュラー出演者も総入れ替えで鑑識の柴田が変わってるけど、うーんどうかなぁ。悪くはないんだけど、柴田太郎が愛の最初のたまにしか出てこない所から、だんだんキャラクタが確立してきてドラマの中の役割を確立していったのに対して、今回の柴田束志は最初から「変なキャラの鑑識」という設定なんで、ちょっと違うような感じがします。
posted by nanno at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

ケータイ刑事ネタ帳 銭形零2nd第1話「帰ってきた男!〜福笑いキング殺人事件」

・福多笑子がかばんをすられたのは多聞通り
・五代は神無島が平和になったので戻ってきた。
・愛はスコットランドヤードに留学。
・五代が通っているフィリピンパブの名前は「ロハス」。
・被害者の笑多福男は昭和39年2月9日生まれ。本籍地は福井県福井市春日東9丁目29-2。現住所は
東京都世田谷区城北29丁目2-9。プロフィールになぜか2と9が多く入っている。
・笑多福男は日本福笑い協会の会長。福笑いを芸術の域にまで高めた世界的にも有名なアーチスト。
 その作品は、ピカソを超えたといわれる「泣く女」、もはやムンクではないと世界に言わしめた「叫び」、ミレーを過去の遺物に変えた写実主義の名作「落穂拾い」。
・今週の問題。7分の砂時計と4分の砂時計を使って正確に2分間お餅を焼くにはさてどうしたらいいでしょうか。→答え。2つの砂時計で同時に時間を量り始めて、4分の砂時計の3回目が終わったところ(12分目)から焼き始めて、7分の砂時計の2回目が終るところ(14分目)まで焼けばよい。
posted by nanno at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケータイ刑事銭形零2nd第1話「帰ってきた男!〜福笑いキング殺人事件」

銭形零 公式ページあらすじ

2ndシリーズということで、五代が相棒として復活。被害者が福笑いの右目を握っていたということだけど、あれって右目と左目区別つくんだろうか。

ところで五代のキャラクタ設定で、舞の時はアニータ、今回の零ではロジータと外人女性を追っかけてる設定だけど、愛と泪ではこういう設定がないんですよね。あと、オープニングの構成も愛、泪はナレーションが先頭にあるのに対して、舞、零は途中にあって、どうもシリーズが愛、泪と舞、零の2パターンに別れる感じがします。単に交互に成ってるだけなのか、あるいは役者の力量の差なのか。

posted by nanno at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

ケータイ刑事銭形舞第10話「まぎらわしい!〜警察隠語殺人事件」

銭形舞 公式ページあらすじ

これっていろいろやってるけど、結局実はダイイングメッセージを素直に読めばよかっただけじゃん。監督は古厩監督で、演出が面白いです。
posted by nanno at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

ケータイ刑事銭形零1st第13話「バーボン刑事、死す?!〜無差別連続爆破事件」

銭形零 公式ページあらすじ

零シリーズの中では評判のいい回ですが、確かに他の話と比べるとかなり良い。夏帆の演技も最初の方から比べると明らかにうまくなってるし。高村との別れのエピソードですが、相棒刑事との別れのエピソードとしては、ケータイ刑事シリーズ全体通してみても一番いいんじゃないかな。夕日に光る川面をバックに高村と零が敬礼をするシーンはなかなか感動的です。(これが宮崎あおいとか黒川芽以だったらもう涙ウルウルもののシーンだったでしょうが)

ところで爆弾ネタの話ですが、見せ方に工夫はありますが結局最後はどのコードを切るかになっちゃうのね。
posted by nanno at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

ケータイ刑事ネタ帳 銭形舞第9話「最強の心理学者VS銭形舞」

・五代が大江戸女子大学に呼ばれたのは、「女性のための護身術教室」の1日講師のため。
・柴田はなぜか、大学の掲示板の教室変更を熱心に手帳にメモっている。
・古糸教授による心理分析
  柴田:半端じゃなく胸のでかい女性が好き。常に気持ちを抑圧していて他人に服従するタイプ。
  五代:お尻のでかい女性が好き。受身的。秩序を好んでいる女性に振り回されるタイプ。
  舞:アンパンマンよりバイキンマンが好きなタイプ。反抗的でひねくれている。
・被害者の梨田教授の名前梨田創(なしだそう)を逆さに読むと「うそだしな」。
・五代の決め台詞「謎は解けたよエマニエル夫人」
・心理学的に殺人の素人ほど証拠や凶器を持ちつづけている。
posted by nanno at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケータイ刑事銭形舞第9話「最強の心理学者VS銭形舞」

銭形舞 公式ページあらすじ

心理テストネタとかを盛り込んで、結構面白い。心理学って詳しくないので、ネタがまともなのかいいかげんなのかよくわからなかったので、謎解きの鍵になっている「サッチャー錯視」をググって見ました。この現象を発表したときイギリスのサッチャー首相の写真を使ったので「サッチャー錯視」っていうそうですね。そうすると、古糸教授が舞に「サッチャー」で連想するものを聞かれて、サッチャー首相の説明をしたのはかなり正しい反応かも。

あとたまたま気付いたんだけど、柴田が古糸教授に「半端じゃなく胸のでかい女性が好き」と心理分析されるシーンがありますが、これは8話のスイカップのことを指してますね。さらに、最後のシーンで舞が五代に「心理学的に殺人の素人ほど証拠や凶器を持ちつづけている」という話をしますが、この台詞は次の10話の五代の台詞で出てきます。さらに言うと、7話でBS-iのスタジオに迷い込んだ五代がスイカップの出てくる台本、つまり8話の台本を読むシーンがありますので、7話から10話までネタがつながっていることになります。こういう遊びが隠されてたんですね。

ところで、ケータイ刑事マニアルBOOKのこの回のあらすじ、大筋ではあってるんだけど、細かいところは結構間違ってますね。
posted by nanno at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

ケータイ刑事ネタ帳 銭形零1st第12話「耳で楽しむハイビジョンドラマ?〜雪山湯煙混浴温泉あずさ28号殺人事件」

この回も全編ネタなので、ネタは余りありませんが。
・高村の決め台詞「謎は解けたぜスポック君」
・今週の問題。「ラジオの脚本が10話から20話まであります。さて何冊あるでしょう」答え11冊。
・銭形に相棒がストラップでつかまるのはシリーズ初めて。
posted by nanno at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケータイ刑事銭形零1st第12話「耳で楽しむハイビジョンドラマ?〜雪山湯煙混浴温泉あずさ28号殺人事件」

銭形零 公式ページあらすじ

面白い。コントとしては。推理ドラマとしては、ていうか、既に推理ドラマじゃないんですけど。最後に零がつじつま合わせのために決り文句を3連発するなど、自虐的なギャグもあって、ある意味一つの冒険ではあるかも。
posted by nanno at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

新シリーズは「銭形雷」

BS-iのWebにページが出来てます。

ケータイ刑事銭形雷
06/1/1(日)スタート 毎週(日)23:00〜23:30
人気シリーズ第5弾! IQ180の女子高生が数々の難事件に挑むハイビジョンドラマ
http://www.bs-i.co.jp/main/dorama/

http://www.bs-i.co.jp/zenigatarai/
のポスターを見ると、5代目銭形はどうも小出早織らしいです。秋山奈々じゃなかったorz。
posted by nanno at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

ケータイ刑事ネタ帳 銭形舞第8話「揺れる大捜査線!〜スイカップを確保せよ」

ケータイ刑事ネタ帳 銭形舞第8話「揺れる大捜査線!〜スイカップを確保せよ」

・ニコニコローンの通り向かいには「カットハウスユンピョウ」がある。
・宗武不二子はレディースの元総長。
・宗武不二子のバストは峰不二子と同じ99.99cm。
・ニコニコローン社長金子を殺した凶器のボーガンは、「ハルクホーガン愛用のボーガン」。
・生稲弁護士の事務所にかかっている書は「絶体絶命」。
・五代の決め台詞「なぞはとけたよ銭形舞ちゃん」。

posted by nanno at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケータイ刑事銭形舞第8話「揺れる大捜査線!〜スイカップを確保せよ」

銭形舞 公式ページあらすじ

タイトルは、某刑事ドラマのパロディに、当時話題のスイカップ、宗武不二子はもちろんルパン3世の峰不二子のパロディとネタ的にはかなり遊んでるんだけど度が過ぎてなくてうまくまとめられている感じ。見所はなんといっても不二子の胸。個人的な趣味で言うと、あそこまででかいと逆にひいちゃうんだけど。胸だけでなく、不二子役の三船美佳が結構良い演技をしていて、結構佳作だと思います。

あと、この回には裏の見所があって、DVDについているメイキングビデオ。堀北真希と金剛地武志の胸談義がなかなか笑えます。
posted by nanno at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

ケータイ刑事ネタ帳 銭形零1st第11話「殺意のステップ〜赤い情熱のタンゴ殺人事件」

・柴田は人に言えない趣味を持っている。って何?
・被害者のパイプドア社長堀川秀樹は百点の社長と野球のことで競争していた。また堀川はたとえ冬でも服装は常に赤Tシャツ。
・元ネタはもちろん、パイプドア → ライブドア、堀川社長 → 堀江社長、 百点 → 楽天

・愛沢なゆたはタンゴ会のトップダンサー

・高村は「マサカリサンバ」しか踊れない。マサカリは草刈正雄の正と刈、「マサカリサンバ」はもちろん「マツケンサンバ」

・高村が零の真似で出した問題「ロビーに足止めしている観客が全部で300人。1人にかかる取調べが一時間として、さて、全員の事情聴取が終わるのは何時何分

・今週の問題「9月が10、10月が7、11月が9。では12月は何個でしょう」答え9個。スペイン語での月のスペルの数だから。
posted by nanno at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケータイ刑事銭形零1st第11話「殺意のステップ〜赤い情熱のタンゴ殺人事件」

銭形零 公式ページあらすじ

泪1stの7話、9話に続く、渡邉睦月脚本の愛するがゆえの殺人シリーズ、第3弾。ただ、全2作は愛する人に裏切られたことが動機になっていて理解できるんだけど、今回のは、殺人を実行に移すきっかけが全く描かれてなくて、唐突な感じが否めない。
それからケータイ刑事シリーズの魅力の1つとして、ヒロインの成長物語という側面もあると思うんだけど、今回のようなテーマの場合、銭形が大人の愛憎劇を目の当たりにして1歩成長するというところが描けているかどうかが重要になってきます。泪1st7話、9話の場合は黒川芽以の演技力をもってして表現できてたけど、夏帆だとまだ力不足というのを感じてしまいます。

あと、この回では零のケータイにメールを送ってくるという形で舞が、かつて使った回文という形で愛が登場するのも見所です。四姉妹という設定を前面に出しているところが、他のシリーズに比べて零シリーズの特徴だと思います。
posted by nanno at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新シリーズ今週発表?

この前書いた1月からはじまる新シリーズですが、今週中に正式発表あるんじゃないかと予想してます。根拠は2つ。

1. 同じく1月スタートだった泪1stが12月2日に制作発表をした。
2. 以前から書いてますが、新シリーズの銭形役は秋山奈々ではないかと思っているのですが、12月3日に秋山奈々がBS-i CREATORS BOXの舞台挨拶をする。

さて、どうでしょうか。
posted by nanno at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

2006年1月より新シリーズ

とりあえず速報。

ケータイ刑事 THE MOVIE掲示板によると、2006年1月からケータイ刑事新シリーズが始まるそうです。BS-iに電話して聞いたらしい。詳細はわからず。
posted by nanno at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

ケータイ刑事ネタ帳 銭形舞第7話「忙しすぎる死体〜チーフ脚本家殺人事件〜」

この回は話全体がネタなので、改めてリストアップするネタはほとんどないです。

・劇中、五代がこっそり読んでる脚本は次回第8話の脚本。
・五代のきめぜりふ「なぞはとけたよエジソン君」
posted by nanno at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケータイ刑事銭形舞第7話「忙しすぎる死体〜チーフ脚本家殺人事件〜」

銭形舞 公式ページあらすじ

スタッフが総出演するというケータイ刑事シリーズの内輪ネタのはしりだけど、この時のは抑制が効いているし、スタッフのアドリブで山下真司や堀北真希が素で笑ってたりと、単純に楽しめます。最初の方で渡邉睦月本人が出てるけど、途中で変わる尾野真千子と結構似てますね。
posted by nanno at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

ケータイ刑事ネタ帳 銭形零1st第10話「韓国のスター・ゴ様登場!〜真冬のソナタ殺人事件」

・ゴ様はヨン様の遠い親戚
・犯人の「管野りゅう子」の名前は「韓流」から。
・ゴ様は世界のスターだから、世界の言葉全部知っている。
・ゴ様のバッジが落ちたときと、高村がゴ様の鬘を取ったときは、どう見ても夏帆は素で笑っている。
・今週の定理「99.9%のフェルマーの最終定理」。「フェルマーの最終定理」は実在するが、「99.9%のフェルマーの最終定理」は創作。
・今週の問題「ヨン様が生まれた日から1234日後に生まれたゴ様は今何歳ですか」
 答え1976年1月15日生まれなので、28歳(放送当時)
・高村は様付けするとバー様。「バーボン刑事」だから。
posted by nanno at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする