2005年11月22日

風のハルカ アスカの印税250万ってどうよ

先週の話になるけど、風のハルカで、アスカがハルカに宛てた手紙で印税250万入ると書いていました。昔、技術書の原稿を書いたことがある自分の経験からすると、ちょっと少ないんじゃないのって感じ。もちろん、会社によって、作家によって契約内容が違うので一概には言えないんだけど。
僕が昔原稿書いた本だと、定価の一割が印税でした。アスカの小説も仮にこの割合だとすると、1000円の本だとして、一部100円、印税250万円だと25000部ということになります。25000部というと、決して少なくない数ですが、あれだけ話題になって本屋にも平積みされている本だと、店に並べるだけでひょっとするとこれくらいいくかもしれない。て考えるとちょっと少ないんだよね。
posted by nanno at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。