2016年10月07日

【メモ】RS485やRS422を使ってシステム構築したがとてもノイズに弱い、すぐ止まる

RS485やRS422を使ってシステム構築したがとてもノイズに弱い、すぐ止まる
http://blog.livedoor.jp/rs485/archives/1604660.html


RS485やRS422は電圧で判断する通信手段だからです。

+側も −側も GNDを基準にした電圧であり、
+と−のペアに同時に入るノイズ(コモンモードノイズ)は、
受信する側のアンプでキャンセル(除去)されます。
(中略)
しかし、この電圧基準のGNDが直接接続されていなければ、
仮想的なGND(GNDループ)が自動的に形成されてしまい、
(あなたの足元の床や壁を伝います)
基準GND電位がゆるくなります。

確かに電流はツイストペアの+から入って-から出ていくわけではないな。
posted by nanno at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。