2014年01月18日

チェキにプリント

スマホの写真がその場で「チェキ」プリントに 富士フイルム、手のひらサイズの専用プリンタ発売 - ITmedia ニュース http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1401/15/news107.html

スマホからWifiで画像を転送してチェキのフィルムにプリントするプリンタが発表されましたね。
プレスリリース(http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0838.html?link=n2u)を見るとプリント時間は約16秒。おそらく画像の転送時間は入っていないので、それ含めると1分くらいはかかりそう。さらにチェキって、画像がじわっと浮かび上がってくるじゃないですか。おそらくその時間は入ってないので、さらに待つことになります。まあ、画像が出てくるのを待つのはチェキも同じなので、その部分は問題にならないにしても1分ほど余計にかかるわけで、結局スマホ+プリンタ=チェキにならないので、その辺はわかっているので、スマホアプリでテンプレートや画像の加工ができると。ふむふむ。私もかつてデジカメで撮った画像の活用法を考える仕事をしてたので、この辺は容易に想像できます。
実際に出力したものを保存したり贈ったりできるチェキのアナログな楽しさが受けている現状を見ると、デジタルとの融合で世界中でさらにユーザーを広げられるのでは、と期待している(山元事業部長)

チェキって、シャッター押してすぐ写真を相手に渡せるという使い勝手が一つポイントだと思うんですよね。単に出力したものを保存したり贈ったりだったらデジカメで撮ってプリントでもいいわけで。そのすぐ渡せるって部分がどれだけ重要視されてるかってところがポイントな気がします。

ところで今「単に出力したものを保存したり贈ったりだったらデジカメで撮ってプリントでもいいわけで」と書きましたが、チェキにプリントしたいというニーズが、ニッチかもしれませんが、1つあります。

アイドルイベントで、アイドルのもしくはアイドルと一緒にチェキを撮ってもらうというチェキ会というイベントがあります。あるいはCDの特典としてチェキがついてくるということもあったりして、アイドルヲタの人でチェキのアルバム(100均で売ってる名刺ファイルを使う)を持ち歩いてる人がいます。そういう人の一人から、「スマホやデジカメで撮った写真をチェキにプリントしたい」と聞いたことがあります。

なぜかというと、アイドルのイベントで他に持ってるスマホやデジカメで写真を撮れる(もしくはアイドルとの2ショットを自分のスマホやデジカメで撮ってもらえる)というイベントもあったりします。するとチェキアルバムとスマホに画像が分散してしまうので、1つにまとめたい。まとめるには、物理的な形のあるチェキに合わせたい。ということでスマホやデジカメで撮った写真をチェキにプリントしたいというニーズが出てくるわけです。

非常にニッチかもしれませんが、そういう層には売れるかも。また逆にその辺からチェキサイズのプリントの楽しみ方というのを作っていくヒントがあるかもしれません。

ちなみに、その話を聞いて、以前、画像をアップするとチェキサイズにリサイズするという簡単なWebアプリを作ってみました。こちらのサイト(http://dif.x0.to/cheki-p/index.html)です。これは、画像をアップすると、リサイズしてレイアウトされた画像を出力して、それを保存してL版(127mm×89mm)でプリントするとチェキのサイズになるってアプリです。L版プリントはコンビニでも1枚30円でできるので、L版1枚に2枚のチェキサイズをレイアウトしているので、1枚あたり15円でできますw。
posted by nanno at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。