2008年11月24日

だんだん

NHKの朝ドラ「だんだん」が面白いです。てか、ここ数年、大阪制作の作品(下半期に放送されるやつ)にはずれがないですね。

この話、マナカナが演じる生き別れの双子の姉妹が主人公ですが、マナの方の役、田島めぐみがミュージシャン志望ということからそれを軸にストーリーが進んでいきます。ミュージシャン志望なので、劇中に歌を歌うシーンがたびたび出てくるのですが、重要な場面ででてくる曲がなぜか80年代のヒット曲。

まずは、物語が始まる重要なキーとなる曲として「赤いスイートピー」。めぐみが京都の大学に行くことを親に説得する時に歌ったのが「守ってあげたい」。

そして今日の放送で、福岡へ左遷される石橋に対してめぐみとのぞみが歌ったのが「M」。

歌い終わった後の石橋の台詞が「まいったな」なんですが、確かにこんなの歌われたら参りますよ。見てるほうもそう思いましたもん。(もちろん、めぐみとのぞみは石橋を好きだという設定です)

てかこの選曲、30代後半〜40代前半位を狙い撃ちじゃないですか。ちなみに主人公は2000年に18歳の設定なので、1982年生まれ。「赤いスイートピー」はストーリー上ちゃんと理由があるのですが、他のはなんで(彼女達にとって)こんな古い曲を歌うの?という感じはします。
posted by nanno at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。